移転価格について

移転価格コンサルティングについて

移転価格は実売価格よりも安いことから、本社はわずかな利益しか得られません。しかし子会社はお得な値段で商品を仕入れる事ができます。更にそれを現地で販売すれば、差額分の利益を得られるのです。グループ企業であるため、実際の利益に変化はありません。しかし子会社の設立された国の税率が低ければ、子会社の課せられる税金が減少するのです。グループ企業が課せられる税金総額が下がります。 しかし国税局からすれば回収機会を逃す事と同義なので、移転価格税制を作って阻止する動きがあるのです。

移転価格税制が適用された場合、子会社に販売した時に課せられる税金が膨れ上がる可能性があります。それはアームスレングス価格の存在のせいです。アームスレングス価格というのは、対等の立場で取引をする時の価格になります。グループ同士での取引ではなく無関係の業者とやり取りをする時の価格です。つまり移転価格税制が認められたら、グループ間で取引をしても高い税金を支払う事になります。それでは移転価格を採用するメリットがありません。 しかし移転価格を適正な値に設定する事で、この問題を回避できる可能性があります。しかし移転価格税制の対処には専門知識が不可欠なので、協力する業者が登場したのです。その名も移転価格コンサルティングです。